シミュレーションを用いて融資可能かどうかを知る

キャッシングの申込をする方々は、たまに不安な気持ちになっています。というのも本当にお金を借りるかどうかが、心配な事もあるからです。しかしその心配事などは、金融会社のホームページを確認する事で、解決するケースも多々あります。シミュレーションを活用すると、解決する事例が多いです。

必ず審査が行われる事になる

そもそもキャッシングでは、必ず申込者に対する確認が行われます。果たして申込をしてきた方が、今後は返していけるかどうかを見極める為です。というのも金融会社としては、遅延を心配しています。貸したお金を返済してもらう事で成り立つビジネスなので、返済力があるかどうかは重視される訳です。

通るかどうかが不安

そして前述の不安になっている方々は、その審査が心配なのです。審査を受けたのは良いものの、借りる事ができなければ困ってしまいます。ですので無事に借りる事ができるかどうか、ちょっと心配な方も見られる訳です。現に審査落ちになる事例も確かにあります。

公式サイトに設置されているシミュレーション

ところで、その場合には金融会社の公式サイトを見てみる方法もあるのです。なぜなら公式サイトには、借り入れ可能かどうか目安を知ることができる入力フォームがあるからです。そのフォームには、年収や他の会社での状況などを、色々な情報を入力する欄があります。それで所定のボタンをクリックすると、審査に通るかどうかの見込みを直ちに確認する事が可能です。そのスピードは非常に速く、数秒程度で完了してしまいます。

複数の会社のシミュレーションを使ってみる

そして上記のようなシミュレーションは、たいていの会社の公式サイトには設置されているのです。会社選びをする方々などは、複数会社のシミュレーションを上手く使っている傾向があります。複数の所でそのお試しの審査を受けてみて、どこならば借りることが可能かどうかを調べるやり方もある訳です。

借りれる事を保証する訳では無い

ただ気をつけるべき点もあって、シミュレーションの結果は100%確実ではありません。たとえそのシステムで問題ないと判断されても、本番の審査では落とされる可能性もあります。基準が微妙に異なるからです。しかし「目安」を知りたい時には、大いに有用なシステムと言えます。

シミュレーションで安心感を得る

借り入れるかどうかの目安が分かっているだけでも、随分と安心感が違うものです。少なくとも審査に通るかどうかが不透明な会社にぶっつけ本番で申し込みをするよりは、安心できる傾向があります。ですので審査が不安な時には、とりあえずシミュレーションに入力をしてみると良いでしょう。

キャッシングで採用されているリボとは

キャッシングで借りた時は、当然返していく事になります。その際の毎月の返済方式は、必ず1種類になるのです。リボ払いとなります。基本的には毎月に返す額が一定以上超える事はなく、無理をせずに返せるシステムと言えます。

融資商品によっては分割が可能

そもそもローンなどの商品の場合は、分割で支払える事に特徴があります。例えば100万円を借りた時には、それを一括で支払う事ももちろん可能です。しかし現実にはそれが難しいケースも多いので、小刻みに返済をしていく訳です。毎月3万や4万などと、少しずつ返していくやり方になります。

キャッシングは原則1回払い

ところがキャッシングという商品の場合は、分割払いという方式がありません。基本的には1回で返す方法になるのです。しかしそれでは難しい方々も多かったので、リボ払いというシステムが登場しました。毎月少しずつ返していく方法ですが、分割と違って返済回数が固定される訳ではありません。分割で12回払いと決めたら、以後は12回に固定される事になります。しかしリボの場合は、状況に応じて返済回数も変わっていく訳です。しかし原則としてはいつでも1回払いが可能なので、実際には「1回払いの種類の1つがリボ払い」と見なされる事が多いです。したがってキャッシングの返済方式は、基本的には1回払いと見なされる訳です。変則的な分割ではありますが、分類上は1回払いなのです。

残高に左右される毎月の返済金額

そして具体的にリボ払いで返していく金額は、残債の残り額に左右されます。例えば残りの返済額が10万円の時には、毎月の支払い額が5,000円だとします。それ頑張って返済金額が9万円になった時には、毎月支払い額は3,000円などの具合です。逆に残り金額が30万円に拡大してしまった時には、9,000円などの具合です。

毎月の負担を減らす為に余裕がある時に残金を減らす

そして毎月5,000円返さなければならない時は、当然3,000円の時よりも毎月の負担が大きくなってしまいます。その負担を減らす為には、できるだけ残金を減らすよう心がけてと良いでしょう。残金を減らす事ができれば、手数料の節約もできることが多いので、余裕がある時はどんどん返済するのが望ましいです。

慣れれば便利なリボ払い

このようなリボ払いという返済方式は、最初の内は少々やりづらいように感じる事もあります。しかし余裕がある時にはどんどん残金を減らしていけるので、慣れればとても便利な返済方式です。その利便性が、キャッシングの魅力の1つとも言えます。

キャッシングでの基準と居住状況

キャッシングの申込者に対しては、現在の居住状況などを記載する事になります。そこにデータを書く以上は、それは審査基準の1つになる訳です。その基準は主に2つあって、年数と住宅が確認される事になります。

住宅の3つのタイプ

まず住宅は、大きく分ければ2種類になります。賃貸住宅もしくは持ち家になる訳です。当然ながら、前者は借りるタイプの家になります。そして実際の申込書では、後者の持ち家がさらに2種類に分けられている事が多いです。家族がその住宅を保有しているか、申込み者本人が保有しているかです。

住宅に住んでいる年数の記載欄

それと、その住宅に居住した年数を書く欄もあります。申込者には、たいてい居住年数と書かれている訳ですが、文字通りその住宅に今まで住んだ年数を書くことになります。

持ち家の方が有利

そして上述の住宅のタイプですが、まず持ち家の方が有利な傾向があります。住宅を保有している方が安定感が感じられますし、何よりも逃亡リスクが低いです。たまに返すのに困難を覚えて逃げてしまう方が良いられるのですが、賃貸よりは持ち家の方が逃亡確率が圧倒的に低いからです。ですので自己保有の物件にお住まいですと、それだけ審査では高い評価になります。

年数は長い方が有利

それと前述の年数ですが、やはり長い方が有利になります。あまり引越しの頻度が多ければ、逃亡リスクなどの高いと見なされるので、居住年数が長い方が借りやすい訳です。1つのボーダーラインとしては、1年を超えているか否かです。それ以上高ければ借りれる確率も高まりますが、3年以上となるとかなり評価も高くなります。

住宅ローンの返済状況も基準の1つ

それとあまり知られていませんが、実は住宅ローンの残り金額などもキャッシングの審査基準の1つになるのです。全てその返済が完了した方は、やはり金融会社に対する評価は高くなります。金融会社としては、申込者の返済力を一番気にしています。全て返済したという事は、キャッシングも完済が期待できる訳です。逆に滞納があると、審査では少々厳しくなる傾向があります。

安定度が重視しされる

このように住宅に関わる様々な点が審査で確認される事になりますが、総合的に見れば安定感があるかどうかが重要です。マイホームに長らく居住していれば安定感もありますが、何回も賃貸の引越しを繰り返していると、少々不安定に見える訳です。ですので居住年数が短いならば、キャッシングの申込を少し待ってみるのも一法です。前述のように1年がボーダーラインなるので、そこを超えると審査に通りやすくなるからです。

審査では内容が正確かどうかが見られる

キャッシングの申込み手続きでは、必ず金融会社に対してデータを送る事になります。その時に伝える内容は多岐に渡りますが、注意を要するのが内容の正確性です。間違った内容を送りますと、審査落ちになる事があるので要注意です。

申込書を送る事になる

まず基本的な知識ですが、キャッシングには必ず申込み用のフォームや書類があります。そこに記載する情報の量は多く、なおかつ非常に詳しいデータになるのです。お勤め先での勤続年数や居住状況なども、非常に詳しく入力もしくは記載する事になります。

内容が正しいかどうかが重要

そして問題は、その記載内容が正確か否かです。間違った内容を伝えますと、審査で落とされてしまいます。例えばお勤め先に関する虚偽の内容です。申込書に記載した勤続年数は、5年前後だとします。ところが人によっては、その勤続年数では無い事もあるのです。実際に勤めた年数がせいぜい1年前後の方が、上記のように書いてしまう事があるのです。そのような虚偽の内容は、必ずと言って良いほど発覚をします。というのも金融会社としては、様々な方法で申込みデータの正確性を確認しています。その確認の精度は、とても高いです。上記のような年数の違いなどの、簡単にわかってしまいます。

嘘を付くと印象が悪くなる

そして金融会社としては、申込み者からの印象を重視する傾向があります。そして前述のように嘘を付いてしまいますと、金融会社に対する印象が悪くなってしまうので、審査落ちになる事例が目立ちます。銀行の担当者は嘘を付く方々を敬遠する傾向があるので、必ず正直なデータを送付する必要があるのです。

データ入力のミスなどにも注意

そして申込み用のデータは、WEBなどで送付する事も可能ですが、たまにそれに対して入力ミスが発生しています。例えば住所の番地が8なのに、5と入力してしまうパターンです。もちろんそれは事実と異なる内容になるので、審査落ちの原因になってしまいます。この入力ミスで落とされる事例は、案外と多いです。

正直に伝えて入力ミスは確認

審査は上記のような状況になるので、まず基本姿勢としては嘘を伝えないのが第1です。申込書に記入する内容は、全て正しくなければなりません。そして入力ミスで審査落ちになる事もある訳ですから、必ずミスチェックを行うべきでしょう。上記のような数字1文字の打ち間違えで審査で落とされるのは、とても悲しいことです。そのような事が無いよう、金融会社にデータを送信する前に、今一度指差し確認などを行うのが無難でしょう。

カードローン即日融資の金利の幅について

カードローンでの借入には金利がつく

カードローンで借入をした場合、金利がつきます。その金利のついた金額が実際の返済額となります。借りた金額をそのまま返せば良いというものではなく、時間がたてばたつほど金利がついて返済額が大きくなると覚えておくようにしましょう。それは即日融資であっても同じ事です。またカードローンの場合、「初めての借入は最初の1ヶ月間無利息」なんていうサービスもありますがそれ以外はどの借入にもしっかりと金利はつくものです。これはカードローンだけではなく、銀行や消費者金融やクレジットカードにおいても同じ事が言えるでしょう。

カードローンの金利には幅がある

多くの人が混乱されるのが、カードローンの金利の幅です。金利は一律何%というものではなく、○%から○%というように幅が設定されていてその間のいずれかの金利が適応されます。ですから最低金利を見て金利が安いと判断するのは少しだけ間違いなのです。最低金利が適当される事はあまりありませんから、上限が低い方が高金利になってしまうリスクが低い程度に考えておかないといけません。即日融資をしたいと思った時に金利はきっと気になると思いますが、実際に借りてみるまで自分がどれくらいの金利になるのかは残念ながらわかりませんので、そこもあわせて覚えておきましょう。

即日融資の金利は何が基準で決まるのか

実際に借りてみるまで、具体的な金利はわからないと述べました。即日融資で適応される金利がわからないにしても、どういった基準で金利が決まるのか知りたいと思われる方もきっと多いと思います。しかし、それについても実はカードローンごとに基準は違いますし、公表もされていない情報なので具体的にはわかりません。とはいえ全体の傾向というものはありますので、そちらについて解説をしたいと思います。基本的にカードローンでの借入金額が高い程金利は安くなりやすいです。また信用が高い人も金利が低くなりやすく、何度も借入をしているうちに信用を得て金利は下がる傾向にあると言えるでしょう。最初の借入は高めの金利設定になりやすいという事も言えます。参考までに覚えておいてください。

借りてみないと金利はわからない

カードローンの金利には、数値に大きな幅があります。即日融資をする際、実際に借りてみない事には金利がどれくらになるのかわかりません。金利決定の基準はカードローンごと異なっていますが、傾向としては高額借入・高信用は金利が安くなる傾向にあると覚えておけば間違いないと言えるでしょう。一番最初の借入は金利が高くなりやす、また最低金利が適応される人はほとんどいないという事もあわせて知っておきたい情報です。

学生が融資申込みをする時のポイント

学生の方々は、しばしばキャッシングを検討しています。その方々の場合は、比較的高い確率で借りれるのが特徴的です。ただし会社によって差もあるので、金融会社選びなどが重要になります。

同居人の状況が審査される事になる

ところで学生の場合は、審査の際の着眼点が、社会人とは少々異なる事が多いです。本人の状況というより、むしろ同居人の状況が審査される事が多いからです。大学生の場合は、ご両親と同居をしているケースも多々見られます。そのご両親がどういう状況なのかが、審査される訳です。なお同居をしていない場合は、その限りではありません。学生本人が審査される事になります。

同居人の状況によってはかなり通りやすい

そして学生の場合は、審査の通過率は比較的高めになります。というのも同居人の状況は、かなり安定している事も多いからです。金融会社としては同居する方の状況なども確認しますが、同居人がマイホームを保有している事も多いですね。ですので金融会社としては、それを高く評価する訳です。また収入に関しても、もちろん同居人の状況を確認する事になります。もちろんご両親の収入が安定している場合は、やはり高い確率で融資を受けられる事が多いです。

金融会社によってはかなり通りやすい

このように学生の場合は、色々と審査に通りやすい要素が目立つので、かなりの確率で借りれる傾向があります。ただし前述のように、それも金融会社によって異なる訳です。審査の通過率が目立って高いのは、学生専用のキャッシングになります。まさに学生のみが利用できる融資商品になりますが、一般的な賃金業者と比べても、かなりの審査通過率を誇ります。ですので手堅く融資を受けたいと思うならば、学生専用の会社で申し込むと良いでしょう。

証明書は必要になる

ただしどの会社で申し込みをする時には、必ず書面だけは必要になります。どの会社でも、身分証明書は確実に必要と考えて良いでしょう。そして前述の学生専用の会社の場合は、学生証が求められるケースがほとんどです。それら書類を準備してから申し込みをする方が、色々と手続きがスムーズになる傾向があります。

色々と準備万端にする

上記のような状況なので、総合的にまとめれば「事前準備」が大きなポイントと言えます。会社選びなども事前準備の1つですし、書類なども同様です。抜かりなく準備をしておけば、学生の場合はたいてい審査に通る傾向があります。ただし同時申し込みなどは禁物です。複数の会社に同時申し込みをすると、審査落ちになる確率が高まる点は要注意です。