気になるおしりの黒ずみを改善する方法を調べてみました

おしりの黒ずみは普段は自分では気づきにくいものです。ですが水着になったりした時や、たまたまお風呂の姿見をじっくりみたらおしりが黒ずんでいたということが発覚することは珍しくありません。人に見られたら恥ずかしい黒ずみができる原因や、その対処法をまとめてみました

おしりの黒ずみができる原因とは?

おしりの黒ずみは、おしり全体にできている場合やおしりと太ももお境目に目立っている場合などがあります。おしりの皮膚全体にできやすい黒ずみはニキビが原因になります。おしりには多数の毛穴があるのでそれが皮脂汚れによって根詰まりすると細菌が発生しておしりニキビを形成してしまいます。おしりニキビが出来たり治ったりを繰り返していくうちに、皮膚の角質がたまりおしりのニキビ跡が黒ずんできてしまうのです。ニキビの数が多ければ多いほどおしりの全体的な黒ずみが目立ってしまうということになるわけです。一方でおしりの下の太ももとの境の黒ずみは下着が常に擦れていることで皮膚刺激が断続的に与えられることでメラニン色素の生成が活発になってしまい、黒ずんでしまうのが原因です。

おしりの黒ずみを綺麗にする方法

おしりの黒ずみを綺麗にするには、まずおしりニキビが原因の場合はニキビを治療することから始めることが大切です。おしりニキビ用の薬用クリームも販売されており、そういったもので日々おしりのスキンケアをお風呂上がりにしっかりすることで、おしりの皮膚に潤いを与え、お肌のターンオーバーを正常にします。それによりニキビのできにくい状態を維持することができます。またニキビの原因のアクネ菌を殺菌する効果のあるトラネキサム酸やグリチルリチン酸などの薬用成分配合のクリームなども効果的です。これらのクリームを使用した自宅治療では黒ずみが消えない場合には美容皮膚科でレーザー治療やピーリング法による美肌効果に期待することになるでしょう。

おしりの黒ずみを作らない日頃のお手入れ法

おしりの黒ずみの治療を行うと同時に、これ以上黒ずみを作らないための日々のケアも重要です。おしりの黒ずみ予防には通気性が良いコットン性の下着を履いたり、締め付けることも避けるためガードルなどの着用もなるべく避けた方が良いでしょう。また仕事で長時間椅子に座ることが多い場合は、時々椅子から立ち上がっておしりを守ってあげましょう。また毎日のお風呂タイムにはおしりの皮膚を優しく石鹸で洗い流してあげて毛穴のつまりをなくすようにしたいものです。またこの時にナイロンタオルなどでゴシゴシおしりの皮膚を擦るということは絶対に避けてください。皮膚に刺激を与えると、それがおしりニキビの原因になってしまう可能性が高まってしまいます。そしてお風呂から上がったら必ず刺激性の少ないクリームでおしりの保湿をすれば完璧です。

おしりの黒ずみは正しい対処法で必ず治せる

おしりの黒ずみが出来ていると気持ちも暗くなる女性がほとんどだと思います。ですが正しい対処法により、元どおりのすべすべのおしりにすることは十分可能ですから諦めずにケアしていきましょう。しつこい黒ずみの場合は美容皮膚科を早めに受診がおすすめです。
LINK:https://www.komglobal.info/73.html