キャッシングで採用されているリボとは

キャッシングで借りた時は、当然返していく事になります。その際の毎月の返済方式は、必ず1種類になるのです。リボ払いとなります。基本的には毎月に返す額が一定以上超える事はなく、無理をせずに返せるシステムと言えます。

融資商品によっては分割が可能

そもそもローンなどの商品の場合は、分割で支払える事に特徴があります。例えば100万円を借りた時には、それを一括で支払う事ももちろん可能です。しかし現実にはそれが難しいケースも多いので、小刻みに返済をしていく訳です。毎月3万や4万などと、少しずつ返していくやり方になります。

キャッシングは原則1回払い

ところがキャッシングという商品の場合は、分割払いという方式がありません。基本的には1回で返す方法になるのです。しかしそれでは難しい方々も多かったので、リボ払いというシステムが登場しました。毎月少しずつ返していく方法ですが、分割と違って返済回数が固定される訳ではありません。分割で12回払いと決めたら、以後は12回に固定される事になります。しかしリボの場合は、状況に応じて返済回数も変わっていく訳です。しかし原則としてはいつでも1回払いが可能なので、実際には「1回払いの種類の1つがリボ払い」と見なされる事が多いです。したがってキャッシングの返済方式は、基本的には1回払いと見なされる訳です。変則的な分割ではありますが、分類上は1回払いなのです。

残高に左右される毎月の返済金額

そして具体的にリボ払いで返していく金額は、残債の残り額に左右されます。例えば残りの返済額が10万円の時には、毎月の支払い額が5,000円だとします。それ頑張って返済金額が9万円になった時には、毎月支払い額は3,000円などの具合です。逆に残り金額が30万円に拡大してしまった時には、9,000円などの具合です。

毎月の負担を減らす為に余裕がある時に残金を減らす

そして毎月5,000円返さなければならない時は、当然3,000円の時よりも毎月の負担が大きくなってしまいます。その負担を減らす為には、できるだけ残金を減らすよう心がけてと良いでしょう。残金を減らす事ができれば、手数料の節約もできることが多いので、余裕がある時はどんどん返済するのが望ましいです。

慣れれば便利なリボ払い

このようなリボ払いという返済方式は、最初の内は少々やりづらいように感じる事もあります。しかし余裕がある時にはどんどん残金を減らしていけるので、慣れればとても便利な返済方式です。その利便性が、キャッシングの魅力の1つとも言えます。