キャッシングでの基準と居住状況

キャッシングの申込者に対しては、現在の居住状況などを記載する事になります。そこにデータを書く以上は、それは審査基準の1つになる訳です。その基準は主に2つあって、年数と住宅が確認される事になります。

住宅の3つのタイプ

まず住宅は、大きく分ければ2種類になります。賃貸住宅もしくは持ち家になる訳です。当然ながら、前者は借りるタイプの家になります。そして実際の申込書では、後者の持ち家がさらに2種類に分けられている事が多いです。家族がその住宅を保有しているか、申込み者本人が保有しているかです。

住宅に住んでいる年数の記載欄

それと、その住宅に居住した年数を書く欄もあります。申込者には、たいてい居住年数と書かれている訳ですが、文字通りその住宅に今まで住んだ年数を書くことになります。

持ち家の方が有利

そして上述の住宅のタイプですが、まず持ち家の方が有利な傾向があります。住宅を保有している方が安定感が感じられますし、何よりも逃亡リスクが低いです。たまに返すのに困難を覚えて逃げてしまう方が良いられるのですが、賃貸よりは持ち家の方が逃亡確率が圧倒的に低いからです。ですので自己保有の物件にお住まいですと、それだけ審査では高い評価になります。

年数は長い方が有利

それと前述の年数ですが、やはり長い方が有利になります。あまり引越しの頻度が多ければ、逃亡リスクなどの高いと見なされるので、居住年数が長い方が借りやすい訳です。1つのボーダーラインとしては、1年を超えているか否かです。それ以上高ければ借りれる確率も高まりますが、3年以上となるとかなり評価も高くなります。

住宅ローンの返済状況も基準の1つ

それとあまり知られていませんが、実は住宅ローンの残り金額などもキャッシングの審査基準の1つになるのです。全てその返済が完了した方は、やはり金融会社に対する評価は高くなります。金融会社としては、申込者の返済力を一番気にしています。全て返済したという事は、キャッシングも完済が期待できる訳です。逆に滞納があると、審査では少々厳しくなる傾向があります。

安定度が重視しされる

このように住宅に関わる様々な点が審査で確認される事になりますが、総合的に見れば安定感があるかどうかが重要です。マイホームに長らく居住していれば安定感もありますが、何回も賃貸の引越しを繰り返していると、少々不安定に見える訳です。ですので居住年数が短いならば、キャッシングの申込を少し待ってみるのも一法です。前述のように1年がボーダーラインなるので、そこを超えると審査に通りやすくなるからです。