カードローン即日融資の金利の幅について

カードローンでの借入には金利がつく

カードローンで借入をした場合、金利がつきます。その金利のついた金額が実際の返済額となります。借りた金額をそのまま返せば良いというものではなく、時間がたてばたつほど金利がついて返済額が大きくなると覚えておくようにしましょう。それは即日融資であっても同じ事です。またカードローンの場合、「初めての借入は最初の1ヶ月間無利息」なんていうサービスもありますがそれ以外はどの借入にもしっかりと金利はつくものです。これはカードローンだけではなく、銀行や消費者金融やクレジットカードにおいても同じ事が言えるでしょう。

カードローンの金利には幅がある

多くの人が混乱されるのが、カードローンの金利の幅です。金利は一律何%というものではなく、○%から○%というように幅が設定されていてその間のいずれかの金利が適応されます。ですから最低金利を見て金利が安いと判断するのは少しだけ間違いなのです。最低金利が適当される事はあまりありませんから、上限が低い方が高金利になってしまうリスクが低い程度に考えておかないといけません。即日融資をしたいと思った時に金利はきっと気になると思いますが、実際に借りてみるまで自分がどれくらいの金利になるのかは残念ながらわかりませんので、そこもあわせて覚えておきましょう。

即日融資の金利は何が基準で決まるのか

実際に借りてみるまで、具体的な金利はわからないと述べました。即日融資で適応される金利がわからないにしても、どういった基準で金利が決まるのか知りたいと思われる方もきっと多いと思います。しかし、それについても実はカードローンごとに基準は違いますし、公表もされていない情報なので具体的にはわかりません。とはいえ全体の傾向というものはありますので、そちらについて解説をしたいと思います。基本的にカードローンでの借入金額が高い程金利は安くなりやすいです。また信用が高い人も金利が低くなりやすく、何度も借入をしているうちに信用を得て金利は下がる傾向にあると言えるでしょう。最初の借入は高めの金利設定になりやすいという事も言えます。参考までに覚えておいてください。

借りてみないと金利はわからない

カードローンの金利には、数値に大きな幅があります。即日融資をする際、実際に借りてみない事には金利がどれくらになるのかわかりません。金利決定の基準はカードローンごと異なっていますが、傾向としては高額借入・高信用は金利が安くなる傾向にあると覚えておけば間違いないと言えるでしょう。一番最初の借入は金利が高くなりやす、また最低金利が適応される人はほとんどいないという事もあわせて知っておきたい情報です。

学生が融資申込みをする時のポイント

学生の方々は、しばしばキャッシングを検討しています。その方々の場合は、比較的高い確率で借りれるのが特徴的です。ただし会社によって差もあるので、金融会社選びなどが重要になります。

同居人の状況が審査される事になる

ところで学生の場合は、審査の際の着眼点が、社会人とは少々異なる事が多いです。本人の状況というより、むしろ同居人の状況が審査される事が多いからです。大学生の場合は、ご両親と同居をしているケースも多々見られます。そのご両親がどういう状況なのかが、審査される訳です。なお同居をしていない場合は、その限りではありません。学生本人が審査される事になります。

同居人の状況によってはかなり通りやすい

そして学生の場合は、審査の通過率は比較的高めになります。というのも同居人の状況は、かなり安定している事も多いからです。金融会社としては同居する方の状況なども確認しますが、同居人がマイホームを保有している事も多いですね。ですので金融会社としては、それを高く評価する訳です。また収入に関しても、もちろん同居人の状況を確認する事になります。もちろんご両親の収入が安定している場合は、やはり高い確率で融資を受けられる事が多いです。

金融会社によってはかなり通りやすい

このように学生の場合は、色々と審査に通りやすい要素が目立つので、かなりの確率で借りれる傾向があります。ただし前述のように、それも金融会社によって異なる訳です。審査の通過率が目立って高いのは、学生専用のキャッシングになります。まさに学生のみが利用できる融資商品になりますが、一般的な賃金業者と比べても、かなりの審査通過率を誇ります。ですので手堅く融資を受けたいと思うならば、学生専用の会社で申し込むと良いでしょう。

証明書は必要になる

ただしどの会社で申し込みをする時には、必ず書面だけは必要になります。どの会社でも、身分証明書は確実に必要と考えて良いでしょう。そして前述の学生専用の会社の場合は、学生証が求められるケースがほとんどです。それら書類を準備してから申し込みをする方が、色々と手続きがスムーズになる傾向があります。

色々と準備万端にする

上記のような状況なので、総合的にまとめれば「事前準備」が大きなポイントと言えます。会社選びなども事前準備の1つですし、書類なども同様です。抜かりなく準備をしておけば、学生の場合はたいてい審査に通る傾向があります。ただし同時申し込みなどは禁物です。複数の会社に同時申し込みをすると、審査落ちになる確率が高まる点は要注意です。