審査では内容が正確かどうかが見られる

キャッシングの申込み手続きでは、必ず金融会社に対してデータを送る事になります。その時に伝える内容は多岐に渡りますが、注意を要するのが内容の正確性です。間違った内容を送りますと、審査落ちになる事があるので要注意です。

申込書を送る事になる

まず基本的な知識ですが、キャッシングには必ず申込み用のフォームや書類があります。そこに記載する情報の量は多く、なおかつ非常に詳しいデータになるのです。お勤め先での勤続年数や居住状況なども、非常に詳しく入力もしくは記載する事になります。

内容が正しいかどうかが重要

そして問題は、その記載内容が正確か否かです。間違った内容を伝えますと、審査で落とされてしまいます。例えばお勤め先に関する虚偽の内容です。申込書に記載した勤続年数は、5年前後だとします。ところが人によっては、その勤続年数では無い事もあるのです。実際に勤めた年数がせいぜい1年前後の方が、上記のように書いてしまう事があるのです。そのような虚偽の内容は、必ずと言って良いほど発覚をします。というのも金融会社としては、様々な方法で申込みデータの正確性を確認しています。その確認の精度は、とても高いです。上記のような年数の違いなどの、簡単にわかってしまいます。

嘘を付くと印象が悪くなる

そして金融会社としては、申込み者からの印象を重視する傾向があります。そして前述のように嘘を付いてしまいますと、金融会社に対する印象が悪くなってしまうので、審査落ちになる事例が目立ちます。銀行の担当者は嘘を付く方々を敬遠する傾向があるので、必ず正直なデータを送付する必要があるのです。

データ入力のミスなどにも注意

そして申込み用のデータは、WEBなどで送付する事も可能ですが、たまにそれに対して入力ミスが発生しています。例えば住所の番地が8なのに、5と入力してしまうパターンです。もちろんそれは事実と異なる内容になるので、審査落ちの原因になってしまいます。この入力ミスで落とされる事例は、案外と多いです。

正直に伝えて入力ミスは確認

審査は上記のような状況になるので、まず基本姿勢としては嘘を伝えないのが第1です。申込書に記入する内容は、全て正しくなければなりません。そして入力ミスで審査落ちになる事もある訳ですから、必ずミスチェックを行うべきでしょう。上記のような数字1文字の打ち間違えで審査で落とされるのは、とても悲しいことです。そのような事が無いよう、金融会社にデータを送信する前に、今一度指差し確認などを行うのが無難でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です